ワーホリハンターなう

海外生活と旅行のブログ

“私がドイツで盗まれた二つのもの”
“映画や音楽などのタイトルにおける冠詞による意味の違い”
“3カ国でのワーホリ中に経験したトラブル集”
“イギリスのスーパーで買える定番紅茶3種類を飲み比べてみた”

ベルギーのロマンチックな古都ブルージュ

f:id:whhunternow:20200429193911j:image

ベルギーの観光都市の代表、ブルージュ。オランダ語読みではブルッヘと発音します。

ブルージュは「屋根のない美術館」「北のヴェネツィア」と呼ばれるほど、とても美しい街。

あちこちに運河が流れており、長く保管された古い建物とのコンビネーションがとってもロマンチックです。

首都ブリュッセルからもほど近いため、ベルギー旅行の際はにぜひ日程に組み込んでみてください。

 

Hotel Dukes' Palace(ホテルデュークスパレスブルッヘ)

まず一番初めに、この旅で利用したとっても素敵なホテルを紹介させてください!

f:id:whhunternow:20200429194213j:image

お城を利用したブルージュ唯一の5つ星ホテル、ホテルデュークスパレスブルッヘです。

f:id:whhunternow:20200429193931j:image

これで一番小さなお部屋ですが、かなり広々としていて快適!

サービスもとってもよく、気持ちの良い滞在になりました。

一瞬部屋を出たときもベッドメイキングをしてくれて、チョコレートのサービスを置いてくれていました。

ここに滞在すれば、ロマンチックなブルージュの旅がさらに格上げされること間違いなし!

 

マルクト広場

f:id:whhunternow:20200429194016j:image

街の中心部はここ、マルクト広場です。 

私がブルージュに行ったのは12月だったので、広場でクリスマスマーケットが行われていました。

f:id:whhunternow:20200429194001j:image

かわいい破風が特徴的な建物が並びます。

オランダ・ベルギーでよく見られる光景。かわいい。 

f:id:whhunternow:20200429193947j:image

クリスマスシーズンだったので、イルミネーションもとても美しかったです。

 

f:id:whhunternow:20200429193723j:image

マルクト広場のすぐ脇にはモダンなショッピングストリートがあります。

 

ブルク広場

f:id:whhunternow:20200429193714j:image

夜になるとライトアップされる市庁舎。

市庁舎の前には大きなクリスマスツリーが飾られていました。

 

f:id:whhunternow:20200429194006j:image

夜のブルージュの街並みはとってもロマンチック!

 

De Pepermolen

ディナーはこちらのレストランでいただきました。

系列店がオランダにもあるようです。

前菜・メイン・デザートの3コースで43ユーロでした。

www.depepermolen.com

f:id:whhunternow:20200429193953j:image

紙袋の中には、なんとパンが入っていました!

バターやお塩の器もかわいくて、プレゼンテーションにわくわく。

f:id:whhunternow:20200429193939j:image

私はシーフードの前菜(ホタテ)をチョイス。

奥に見えるのはビーフカルパッチョで、ショットグラスに入っているのはパンプキンスープ。

どれもとってもおいしかった。

f:id:whhunternow:20200429193729j:image

メインは鹿肉を。

やわらかくしっとりしていて、あっという間にぺろりと食べてしまいました。 

 

 

 

シント・サルヴァトール聖堂(Sint-Salvatorskathedraal)

私の旅恒例の教会巡り。

f:id:whhunternow:20200429193936j:image

ゴシック様式の協会。一部ロマネスク様式の部分も残っています。

白と赤のコントラストが印象的。

こちらの教会、10年ほど前に盗難に遭い、聖遺物などの品々が盗まれてしまったのだとか…… 

 

聖血礼拝堂(Basillica of the Holy Blood) 

f:id:whhunternow:20200429193906j:image

ゴシック様式。

第二回十字軍遠征の際に持ち帰った聖遺物が収蔵されているらしい。

実物は写真で見るよりずっとカラフルです。

とても小さな教会で、しかもリノベーション中でしたが、独特の雰囲気があり強く印象に残っています。 

 

Vlaminck '14

ランチはこちらのお店でいただきました。

f:id:whhunternow:20200429193943j:image

ベルギー料理おなじみのカルボナード。 

牛肉のビール煮込みで、ビーフシチューのような味。

付け合わせはもちろん、フリッツ(フライドポテト)!

 

運河ボートクルーズ

f:id:whhunternow:20200429193924j:image

ブルージュは運河の街。ボートクルーズはブルージュの大人気アトラクションです。

土日やホリデーシーズンは非常に混雑します。私もこの日、1時間ほど待ちました。

乗り場は街のあちこちにあり、どこから乗ってもチケットの料金は一律で、ルートも同じ。

都合の良い乗り場からどうぞ。

f:id:whhunternow:20200429193920j:image

ボートの上から眺める素敵な建物たち。

寒い日でしたが、快晴だったのでとても気持ち良かったです。 

f:id:whhunternow:20200429193706j:image

クルーズ後に撮った写真。

本当はブルッヘの鐘楼にも登りたかったのですが、長蛇の列だったので諦めました。

 

聖母教会(Onze Lieve Vrouw Brugge)

f:id:whhunternow:20200429193916j:image

ゴシック様式。

リノベーション中で少ししか見学出来なかった教会。

通常はミケランジェロの聖母子像が収蔵されているプチ博物館(有料)があります。

 

ベギンホフ(ベギン会修道院) 

ユネスコ世界遺産に指定されているベギンホフはフランドル地方に13件ほどあり、そのうちの1つはブルージュに存在します。

12〜13世紀のベルギーでは、ベギン会という組織が女性の自立した生活を支援していました。

ベギンホフはそんな女性たちの生活拠点として建てられました。

f:id:whhunternow:20200429193719j:image

こちらはその敷地内にある教会。

とても静かで神秘的な空気が漂っていました。

ブルージュ駅から近く、街の中心部までの通り道にあるので、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

f:id:whhunternow:20200429194009j:image

ベギンホフ周辺は白鳥の住処になっており、たくさんの白鳥がくつろいでいます。

この場所はボートクルーズのUターンポイントにもなっています。

f:id:whhunternow:20200429193710j:image

どこを切り取っても絵になってしまう、美しいブルージュ……!

 

ミンネワーテル公園

f:id:whhunternow:20200429193957j:image

ベギンホフの近くにはとても大きな公園があります。

たくさんの人が思い思いの時間を過ごしていました。 

ブルージュで撮影された映画として最も有名なものに、コリン・ファレル主演の「ヒットマンズ・レクイエム」(英語タイトル:In Bruge) という映画があります。

明るい内容の映画ではありませんが(笑)、これを観てからブルージュに足を運ぶと「あ!この場所、あのシーンじゃん!」と気分がアガります。

すでにブルージュへ行ったことがある方は、復習としてぜひご鑑賞を!笑

 

ベルギー旅行の参考に、こちらの記事もどうぞ↓