ワーホリハンターなう

海外生活と旅行のブログ

“私がドイツで盗まれた二つのもの”
“映画や音楽などのタイトルにおける冠詞による意味の違い”
“3カ国でのワーホリ中に経験したトラブル集”
“ワーホリ経験者による英語圏5カ国徹底比較!”

2023年に旅行した都市とその感想

新年明けました!✌️

新年早々ショッキングなニュースで持ちきりで正直気分が重いですが、毎年恒例 新年一発目の記事は、前年の旅行を振り返ります。

今年もどうぞお付き合いください!

 

 

2023年に私が旅行した都市は・・・

  • アイルランド - ダブリン
  • 日本 - 東京、名古屋、京都、大阪、鹿児島
  • シンガポール
  • オーストラリア - メルボルン
  • スペイン - ビルバオ、サンセバスチャン
  • ハンガリー - ブダペスト
  • ギリシャ - サントリーニ
  • ドイツ - ミュンヘン、ヴォルフスブルク、デュッセルドルフ
  • イギリス - ロンドン、チェスター、マンチェスター
  • スロバキア - ブラチスラバ
  • オーストリア - ウィーン
  • フランス - パリ
  • ポーランド - ワルシャワ

2023年は13カ国22都市でした!

通常ペースの旅が出来るようになって本当に嬉しいです。

シンガポールとオーストラリアに行けたのは、私にとってやっと普通に海外旅行に行けることを実感させてくれた大きな出来事でした。

昨年のブログで2023年は絶対にポルトガルに行くと宣言していましたが、9月に予定していたポルトガル旅行が直前でキャンセルになってしまい、またもや行けず!涙

今年は絶対に行きたい!と意気込んでいますが、現時点でもう既に危うい気がしています・・・有給休暇が足りない!!笑

 

さてさてここからは一カ国ずつ振り返っていきます。

 

アイルランド

渡航都市:ダブリン

f:id:whhunternow:20240101233950j:image

イギリス在住の友達と現地で待ち合わせて旅したダブリン。

とにかくカフェとパブがたくさんある街なので、ひたすらおしゃべりを楽しみたい女子旅にぴったりでした。

 

日本

渡航都市:東京、名古屋、京都、大阪、鹿児島

f:id:whhunternow:20240101235750j:image京都の清水寺入り口にて

やっとやっとやっと!隔離なしで一時帰国が出来るようになりましたね。

東京、名古屋、京都、大阪、鹿児島と、家族や友人を訪ねながら日本を回れてとても幸せな時間でした。

世界中色んなところに旅行しているけれど、結局日本が一番楽しいんだよなぁ。

今年も一時帰国が既に決まっているので、チケットを買ったその日からわくわくが止まらなくて大変です。

何しよう、何食べよう、何を買おう!

 

シンガポール

f:id:whhunternow:20240101235800j:image

初めて行ったシンガポール。

急遽トランジットで滞在することになったのですが、昼から深夜まで12時間滞在したので大満喫できました!

いつか行ってみたい国だったので、旅出来ることになり嬉しかったです。

この時に食べたチキンライスがあまりにも美味しくて忘れることが出来ません。

いつかまた食べに行きたい!

街自体は好きだったのですが、日が沈んでも続く蒸し暑さが暑さに弱い私にはちょっときつかったです。。かなりバテてしまった。

 

オーストラリア

渡航都市:メルボルン

f:id:whhunternow:20240101235812j:image

私が世界で一番好きな街、メルボルン。

オランダからかなり遠くなってしまったので悲しい限りですが、こうしてまた再訪できて嬉しい。

F1オーストラリアGPの様子はF1人気を受けてそれはもうガラリと変わってしまったけれど、メルボルンはあのときのままでした。

大好き。また行くからね。

 

スペイン

渡航都市:ビルバオ、サンセバスチャン

f:id:whhunternow:20240101235937j:imageサンセバスチャンのビーチ

スペイン在住の親友と待ち合わせて行ったビルバオとサンセバスチャン。

さすがは食い道楽の街サンセバスチャン、ひたすら食べて食べて食べまくっていました。

兎にも角にも美味しかったので、いつかまた気のおけない友達と食を求めて訪れたい。

ビルバオでは念願のゲッゲンハイム美術館へ。

 

ハンガリー

渡航都市:ブダペスト

f:id:whhunternow:20240101235947j:image

ずっと行ってみたかった街ブダペストに、やーっと行けました!!

温泉にかわいい街並みに大満喫したのですが、何より印象に残っているのがマンガリッツァポーク

私は鹿児島育ちなので豚肉にはかなりうるさいのですが、マンガリッツァ豚は鹿児島豚を食べて育った私をも唸らせる(笑)素晴らしい豚肉でした。

 

ギリシャ

渡航都市:イア、フィラ(サントリーニ島)

f:id:whhunternow:20240102000450j:imageイアのブルードームたち

こちらもずーーーっと行ってみたかったサントリーニ島。

いつだったかな……随分昔、多分中学生か高校生のときにJALの機内誌でサントリーニ島のことを知り、そのときからずっと一度行ってみたかった場所でした。

パートナーの誕生日旅行にサプライズで予約して行きました。(当日の朝、空港に着くまで行き先を告げなかった!笑)

あまりヨーロッパ旅行に興味のないパートナーですが、今でもたまに「またギリシャ行きたいね」と言ってくれるので、相当喜んでくれた様子。

2人してすっかりギリシャの島にハマってしまったので、今年もパートナーの誕生日にギリシャの島に行けるといいなと考えています。

またサプライズするか!?笑

 

ドイツ

渡航都市:ミュンヘン、ヴォルフスブルク、デュッセルドルフ

f:id:whhunternow:20240102000502j:image
ミュンヘンのマリエンプラッツ

大大大好きなドイツ。

今年は思いかげず3回も行くことになってびっくり!笑

初めて訪れたヴォルフスブルクは、完全な計画都市で、非常に独特で面白かったです。

 

イギリス

渡航都市:ロンドン、チェスター、マンチェスター

f:id:whhunternow:20240102000517j:imageチェスターの時計台

今年はイギリスに4回も行ってしまいました。

4回中3回はロンドン。

ロンドンにふらっと行けるアムステルダム、最強です。便利。

ずっと行ってみたかったチェスターとマンチェスターにも行けてよかった!

友人がチェスターに引っ越したので、これから行く機会が増えるかもしれない。

 

スロバキア

渡航都市:ブラチスラバf:id:whhunternow:20240102000538j:image

ずっと行ってみたかったブラチスラバの青の教会。

念願叶って行けて一つまた夢が叶いました。

はてなブログが繋いでくれた縁があり、ブラチスラバではトラリブ (id:tra_live)さんにも会うことが出来て嬉しかったです!

 

オーストリア

渡航都市:ウィーン

f:id:whhunternow:20240102000545j:image

およそ12年ぶり!?のウィーンでした。

12年前は初めてのヨーロッパ旅行でヘルシンキ、プラハ、ウィーンを回っており(今考えると初ヨーロッパがこの三都市ってなかなか笑)、同行者と離れて初めて海外を一人歩きしたのがウィーンでした。

当時の記憶を手繰り寄せながら街歩きし、大学時代の後輩と一緒においしいケーキを食べ、楽しい滞在になりました。

この時ランチに食べたご飯が美味しかったので、ブログに書かなくては……!

 

フランス

渡航都市:パリ

f:id:whhunternow:20240102000555j:image

大学時代の友人に会うために、日帰りでパリへ。

まだあまり探索をしたことがなかったモンマルトルエリアを探索しました。

アムステルダムからパリは日帰りでも十分楽しめるということがわかったので、またすぐ行ってしまいそう。

 

ポーランド

渡航都市:ワルシャワ

f:id:whhunternow:20240102000608j:image

ショパンが大好きなので、彼のゆかりの地をいつか訪れたいと思っていました。

念願叶ってついに!

彼の軌跡を辿るだけでなく、ポーリッシュポタリーを買い込み、ポーランドグルメもたんまり楽しみ、満喫できた2泊3日でした。

この時のブログも早いうちに書かねば!

 

今年の豊富

昨年はオランダ国内で新しく開拓できた街が一つもありませんでした。

今年はオランダでまだ行ったことがない街に行ってみたい……!(実はまだライデンとゴーダに行ったことがない)

アムステルダムも、もっともっと開拓したいです。

 

さて、今年ですが、思うことがあり旅のペースを少し落とそうと考えています。

これまではフットワーク軽く、どこへでも思いついたらすぐに旅していました。

これはもちろんとっても楽しいのですが、その分一つ一つの旅のウェイトがどうしても軽くなってしまい、強く記憶に残らないことが気になり始めてしまいました。

今年は、本当に心が動く場所へ、一つ一つの旅をこれまでより更にもっと大切にしたい。

という訳で、今年は少しスローペースになるかと思いますが、詰め込みすぎず、深く考えて予定を立てようと思います。

今年もワーホリハンターなうをよろしくお願いいたします。