ワーホリハンターなう

海外生活と旅行のブログ

“私がドイツで盗まれた二つのもの”
“映画や音楽などのタイトルにおける冠詞による意味の違い”
“3カ国でのワーホリ中に経験したトラブル集”
“イギリスのスーパーで買える定番紅茶3種類を飲み比べてみた”

オランダスーパーで買えるビターバレンを7種類食べ比べしてみた

みなさん、オランダ名物Bitterballen(ビターバレン)はお好きですか?

ビターバレンは、一口サイズのビーフクリームコロッケのようなスナック。

私は初めてビターバレンを食べたその日からずっと、ビターバレンの虜!

ジャンキーで中毒性のある味に病みつきになっています。 

オランダに住み始めてから、お酒のお供にはもちろん、おやつにビターバレンを食べるのが日常的になってきました。

これまで数々の食べ比べ・飲み比べをしてきた私。

そんな私が、ビターバレンの食べ比べをしない訳がありません。

今回は7種類のビターバレンを食べ比べしてみました!

これまでの食べ飲み比べの一部はこちら↓

 

Bitterballen(ビターバレン)とは?

f:id:whhunternow:20210120013852j:plain

オランダ名物Bitterballen(ビターバレン)。

一口サイズのコロッケのような料理で、 中には牛肉とスパイスをじっくり煮込んだクリーミーなソースがたっぷり詰まっています。

オランダを代表するファストフードで、オランダの大抵のバーやカフェではどこでも扱われているメニュー。

通常はディジョンマスタードと共に提供されます。

カリカリの衣と、お肉のうまみたっぷりのアツアツのクリームソース、そしてディジョンマスタードのさわやかな酸味のハーモニーがたまりません。

 

ビターバレンはファストフードのくせに手作りするとかなりの手間と時間がかかるため、家庭では冷凍のものを楽しむのが一般的。

オランダ国内であればどこのスーパーマーケットでも冷凍のビターバレンを買うことが出来ます。

油で揚げるタイプの冷凍ビターバレンもありますが、オーブンまたはエアフライヤー用の冷凍ビターバレンの方がより多く出回っています。

温めるだけですぐに食べることが出来るため、小腹が空いたときや家庭でのパーティに便利な一品です。

 

ちなみに、エアフライヤーはオランダ発祥だってこと、知っていましたか?

オランダが誇るダッチ家電メーカー"フィリップス"が2010年に発表した、比較的新しい調理家電です。

オランダの家庭にはエアフライヤーが広く普及しています。

 

今回食べ比べた7種類

f:id:whhunternow:20210120010414j:image

今回私が食べ比べしたのは全部で7種類。

近所のスーパー3件を回って手に入れた、オーブン&エアフライヤー用の冷凍ビターバレンです。

今回、全てエアフライヤーで調理しました。

  • Albert Heijnプライベートブランド
  • JUMBOプライベートブランド
  • Van Dobben
  • Kwekkeboomノーマルバージョン
  • KwekkeboomのBlack Angusビターバレン
  • moraノーマルバージョン
  • moraのminiビターバレン

moraのminiビターバレンが他より一回り小さいだけで、それ以外のビターバレンは大きさに差がさほどありませんでした(写真の撮り方のせいで手前のビターバレンが大きく見えますが……)
強いて言えばKwekkenboomのBlack Angusビターバレンが他より少しだけ大きいです。

f:id:whhunternow:20210120010410j:image

半分に割ってみてびっくり!中のソースはどれも色が全然違います。

これまで中身なんてじっくり見ないで食べていたので驚きです。

今回は食べ比べるにあたり、マスタードはなし、ビターバレンのみでいただきました。

ここから一種類ずつ詳しくレポートしていきます。

 

 

Albert Heijnプライベートブランド

f:id:whhunternow:20201231020807j:image

オランダを代表するスーパーといえば、Albert Heijn(アルバート・ハイン)

寧ろオランダにはアルバートハインしかないんじゃないか?というくらいの一強体制。

強いです。どこにでもあります。

このビターバレンは、アルバートハインのプライベートブランドのオーブン&エアフライヤー用。

アルバートハインは油で揚げるタイプのプライベートブランドのビターバレンも販売しています。

前にこの油で揚げるタイプをエアフライヤーで試しに調理したところ、全然おいしくなくて大失敗しました。良い子はマネしないでね!

 

こちらは、12個入りで€1.89。

他のものと比べると安い部類に入ります。

f:id:whhunternow:20210120010419j:image

中のソースはこれといった特徴がなく、無難な味です。

平均的なビターバレンの味という感じ。

衣はそんなにクリスピーではなく、しっとりとしたビターバレンです。

サクサク食感を重視する人には少し物足りないかも。

 

JUMBOプライベートブランド

f:id:whhunternow:20201231020810j:image

アルバートハインの次に有名なオランダのスーパーはJUMBO(ユンボ)

こちらはJUMBOのプライベートブランドのビターバレンです。

 

12個入りで€1.79。

今回食べ比べた中では最安値です。

f:id:whhunternow:20210120010404j:image

サクッとした歯ごたえの衣。

中のソースはハーブがしっかりと利いています。

ハーブのおかげでしつこくなく、比較的さっぱりとした味わいに仕上がっています。

 

Van Dobben

f:id:whhunternow:20201230012532j:image

おしゃれな白いパッケージが目を引くVan Dobben

冷凍のビターバレンとクロケット(ビターバレンを大きくしたようなオランダのコロッケ)のメーカー。

アムステルダム市内にはVan Dobbenのカフェもあります

 

こちらは12個入りで€3.29。

一箱あたりの値段は7種類の中で最高値

ただし、ビターバレン一つあたりの値段で見ると、2番目の高さ。

f:id:whhunternow:20210120010354j:image

丸い衣が厚めにたっぷりついており、ごつごつとした食感

口の中で衣をしっかり感じることが出来ますが、too muchだと感じる人もいるかもしれません。

中のソースはほんのりカレー味が利いていて、7種類の中で一番クリーミー

とても上品な味わいですが、ビターバレンにジャンキーさを求める人には少し物足りないかも。

 

Kwekkeboom

f:id:whhunternow:20201230012525j:image

Kwekkeboomはアムステルダム市内に4店舗を構えるパティスリー

ケーキや焼き菓子が有名なパティスリーですが、クロケットなどのスナックも扱っています。

Kwekkeboomの冷凍ビターバレンは、ノーマルバージョンとBlack Angusバージョンの2種類あります。

こちらは紫色のパッケージに入ったノーマルバージョンです。

 

12個入りで€2.49。

冷凍ビターバレンの平均的な価格です。

f:id:whhunternow:20210120010350j:image

衣はサクサクとしています。

中のソースは少しスパイシー。ちょっとだけピリッとします。

そして、牛肉独特のうまみが強め

牛肉の臭さが苦手な人にとっては牛肉臭いと感じるかもしれません。

 

KwekkeboomのBlack Angusビターバレン

f:id:whhunternow:20201231020814j:image

こちらはKwekkeboomのBlack Angusバージョンのビターバレン。

 

8個入りで€2.49。

ビターバレン一つあたりの値段は7種類の中で最高値です。

f:id:whhunternow:20210120010342j:image

7種類の中で一番大きいビターバレンです。

Black Angusというくらいだから、肉肉しい味がするのかと思いきや、かなりカレーの風味が強いです。しっかりカレー味。

衣は結構厚めですが、きちんとカリカリしていてクリスピーです。

 

mora

f:id:whhunternow:20201230012536j:image

冷凍スナックを幅広く展開しているブランドmora

moraのビターバレンはノーマルバージョンとminiバージョンの2種類があります。

こちらはノーマルバージョン。

 

12個入りで€2.89。

平均よりちょっとお高めのビターバレンです。

f:id:whhunternow:20210120010337j:image

衣は結構薄め。でも、しっかりサクサクしています。

中のソースはビーフのうまみたっぷりで、とても肉肉しいしっかりとした味わい。

写真で見てもすぐわかりますが、牛肉がたっぷり入っています。

 

私はこのビターバレンが一番好きでした。

しっかりお肉の味がして上品すぎずジャンキーすぎない味わいのソースと、サックリとした薄い衣のバランスがばっちりです。

 

moraのminiビターバレン

f:id:whhunternow:20201230012529j:image

こちらはmoraから販売されているビターバレンのミニサイズバージョン。

ミニサイズと言えど、大きさは「ちょっと小さいかな?」くらいで、そこまで小ささは感じさせません。

 

12個入りで€1.79。

一箱当たりの値段は前述したJUMBOと同じく7種類の中で最安値ですが、こちらはminiなので容量を考えるとJUMBOの方がお得。

f:id:whhunternow:20210120010346j:image

7種類の中で一番衣が薄いです。 そのため、手でつまむとほよほよします。笑

衣は薄いけれど、きちんとサクサクしています。

濃厚でクリーミーなソースは、7種類の中で一番しっかりとした牛肉の味がします

味が濃いせいか、香りも強いです。

 

まとめ

比べて食べてみると7種類それぞれしっかりと個性があって面白かったです。

7種類の味を簡潔にまとめるとこんな感じでしょうか。

  • Albert Heijnプライベートブランド → 平均的な味
  • JUMBOプライベートブランド → 一番安い、ハーブの風味が強い
  • Van Dobben → クリーミーで上品、衣がしっかり厚い
  • Kwekkeboomノーマルバージョン → スパイシーで牛肉独特の風味が強い
  • KwekkeboomのBlack Angusビターバレン → 大きい、カレー味が強い
  • moraノーマルバージョン → お肉がしっかり入っている、衣とのバランスが良い
  • moraのminiビターバレン → 小さくて衣が薄くほよほよ、牛肉風味が強い

前述した通り、私はmoraのノーマルバージョンのビターバレンが一番好みです。

Twitter上でもこれが一番好き!という方がいらっしゃったので、日本人の口に合うのかもしれません。

みなさんが好きな冷凍ビターバレン、ぜひ教えてください!

 

イギリスの定番紅茶飲み比べもしました↓