ワーホリハンターなう

3ヵ国でのワーホリ生活と海外旅行についてのブログ。

イギリス GPの登録方法 NHSナンバー取得

YMS(イギリスワーホリ)では申請の際に、NHS(National Health Service・国民保険)の登録代金を支払うので、イギリスの医療サービスを受けることができます!

これは他の国のワーホリとは違うところ!嬉しい〜〜

 

イギリスでは専門医の診察を受ける前に、まずGPに行きます。

日本では通常いきなり専門医に診てもらうので、ちょっとシステムが違いますね〜

このGPサービスを受けるために、まずはGP(General Practice・かかりつけ医)の登録をします。

 

 

 

 

まずは近くのGPを検索

(近所のGPでないと登録できないので注意!!)
www.nhs.uk

検索して各GPのページへ飛ぶと、新しい患者登録を受け付けているかどうか確認できます。(We are currently accepting new patientsとか書いてある)

今の所、登録方法は3つのパターンを確認済み。

 

  • 直接GPへ行き、その場で登録
  • 直接GPで or 電話で予約を取り、予約の日時に登録
  • ウェブ登録後、GPにID(本人確認書類)を提出しに行って登録

 

GPのHPをチェックしてウェブ登録フォームがなければ電話で確認するか、とりあえず直接GPへ行っちゃうのがよさそうです。

私はとりあえず直接GPへ行ったところ、その場で登録してもらえました。

 

私が持っていったものは、BRPカード、パスポード、現住所が確認できるものの3つ。

現住所が確認できるものとして、私はバンクカードが届いた際の封筒を持って行きました。

(NIナンバーがないとGP登録ができないという記事も見かけましたが、私はNIナンバーは必要なかったです。)

 

ウェブサイトには、書類を印刷して記入して持ってきてね〜といったことが書いてありますが、

記入したものを持って行ったら「あぁ、これじゃだめ、ちゃんとした用紙のじゃないと。」と言われ、一から全て書き直させられましたww

なので、書類は準備していかなくても大丈夫です。

 

GPの登録には現住所が確認できるものが大切なようですが、私は住所証明等は必要なかったです。

 

その場でささっと身長体重血圧をセルフで測って、登録作業終了。

あまりにもあっという間でびっくり(笑)。

検尿さえありませんでした。

 

その後、2週間NHSナンバーが自宅に郵送されました。

大事に保管!

 

GPにかかりたいときはまず、電話もしくはアプリで予約を取ります

アプリは対応しているGPとしていないGPがあるので注意!

 

アプリはMy GPで検索するとDLできますが、携帯の国設定がイギリスになってないとDLできないので注意!

(iPhoneの場合はApple IDの国設定をイギリスにしないといけません。)

 

GP登録者は無料で年に一度血液検査を受けることができたり、無料で薬を処方してもらえたり、色々といいことがあります。

イギリスに長く滞在する場合は、ぜひ登録しておきましょう!

尚、お引越ししたときはGPを登録し直さないといけないので、そこも注意!

【イギリス】引越したのでGPの変更をしてきた話 - ワーホリハンターなう