ワーホリハンターなう

海外生活と旅行のブログ

“私がドイツで盗まれた二つのもの”
“映画や音楽などのタイトルにおける冠詞による意味の違い”
“3カ国でのワーホリ中に経験したトラブル集”
“イギリスのスーパーで買える定番紅茶3種類を飲み比べてみた”

ロンドンからオックスフォードへ日帰り旅行

先日オックスフォードへ日帰り旅行へ行きました。

ロンドンに住んでいるためイギリスを全身で感じる機会はあまりない(?)のですが、オックスフォードでは「あ〜〜〜!私はイギリスにいる〜〜〜〜!」を全身で感じられました。

イギリスを全身で感じたい時、気軽に行けるオックスフォードはオススメです。 

 

ウェブで電車を事前予約

オックスフォードへ行く手段は主に電車かバス。

所要時間は電車バス共に約1時間ですが、私たちは安い!という理由で電車を選びました。

オンライン予約に使ったのはこちらのTrainlineというサイト。

www.thetrainline.com

時間帯と日にちにも寄りますが、私はパディントン駅〜オックスフォード駅を往復£11.50で予約出来ました。安い〜!

 

中心部までは徒歩で約15分

オックスフォード駅から街の中心部までは徒歩で15〜20分ほどです。

イギリスらしい石造りの建物が立ち並ぶ街に大興奮。

そうじゃん、私、イギリスに住んでたんじゃん。危うく忘れるところだった……

f:id:whhunternow:20200224195127j:image

こちらはランドマークにもなっている時計塔。

赤い電話ボックスはロンドンにもあるはずなのに、オックスフォードで見るとさらにイギリスを感じる。

f:id:whhunternow:20200224195031j:image

オックスフォードに昔住んでいた経験がある子と一緒だったので、彼女おすすめのホットチョコレートをこちらでゲット。

ホッチョコ片手に街を散策。トッピングのマシュマロが嬉しい。

 

Bodleian Library(ボドリアン図書館)

f:id:whhunternow:20200224195021j:image

オックスフォード大学の図書館の一部、ボドリアン図書館映画・ハリーポッターのロケ地になったことで有名!

中に入るにはツアーに参加しなければなりません。今回は時間がなかったこともあり、見送りました。

図書館のグッズ売り場は誰でも立ち入ることが可能!

指輪物語・ホビットシリーズの作者、トールキンがオックスフォード大学出身ということで、彼にまつわるグッズが多く扱われていました。

 

Radcliffe Camera(ラドクリフ・カメラ)

f:id:whhunternow:20200224195119j:image

こちらもオックスフォード大学の図書館の一部、ラドクリフ・カメラ。 

その美しい立ち姿から、撮影スポットとして観光客に大人気!

 

そのまま街をうろうろ。

f:id:whhunternow:20200224195038j:image

街並みがかっこよすぎて……オックスフォードは「イギリスってこうだよなぁ!!」っていうのを体現してくれている。

f:id:whhunternow:20200224195113j:image

水仙とイエローと青空のコントラストが映える。 

 

アリスショップ

f:id:whhunternow:20200224195015j:image

アリスの作者ルイス・キャロルはオックスフォード大学クライストチャーチカレッジ出身。卒業後は数学の教師として教鞭を執ります。

そんな彼のゆかりの土地オックスフォードには、世界でたった一つだけオフィシャルアリスショップが存在します。

店内は撮影禁止のため写真はありませんが、小さな店内にありとあらゆるアリスグッズが所狭しと並べられています。お財布の紐が緩んでしまう。

アリスファンでなくても、オックスフォードに来たからにはここは必見!

 

The Covered Market Oxford

f:id:whhunternow:20200224194958j:image

お昼ご飯はマーケットで。

日曜日だったのでマーケット内のお店の半分ほどは閉まっていました。マーケットを楽しみたい場合は日曜日は避けた方がよさそう。

 

このマーケット内には有名なパイ屋さんが2つあるとかなんとかで、一つは閉まっていたので、もう片方に入ってみました。

パイとマッシュポテトだなんて、めちゃくちゃブリティッシュな食事!おいしかったです。

 

Christ Church(クライストチャーチ)

オックスフォード観光のハイライトと言っても過言ではないクライストチャーチ。 

オックスフォード大学の一部のカレッジです。学生たちが実際に学んで暮らしているキャンパスに潜入できます!

日曜日のみ14時〜のみの開放なので、注意が必要。

尚チケット売り場はかなり並ぶので、チケットはオンライン予約がおすすめです。

スロットに空きがあれば、当日入館の直前でもオンライン予約が可能。私は当日お昼ご飯を食べながら14時過ぎのスロットのチケットを予約しました。

チケット料金には音声ガイダンスが含まれています。

f:id:whhunternow:20200224195044j:image

クライストチャーチのキャンパスを遠目にパシャり。

f:id:whhunternow:20200224195100j:image

音声ガイダンスをゲットして、早速中へ。

f:id:whhunternow:20200224194952j:image

実際に学生たちが学んで暮らしているキャンパスなので、観光客だけでなく生徒たちの行き来もありました。

立ち入り禁止の場所も多いので注意。

f:id:whhunternow:20200224195006j:image

クライストチャーチ内で一番有名なのは、やはりこちらの食堂でしょう。

映画ハリーポッターのロケ地になっているため、見覚えのある人も多いのでは?

 

クライストチャーチで学ぶ学生たちは、毎日こちらで食事をとります。メニューはかなりバラエティ豊かなんだとか!

映画の中だけの世界だと思っていたけれど、実際にこんな素敵なキャンパスで暮らしている学生がたくさんいるのね……!

f:id:whhunternow:20200224195136j:image

広大なキャンパス。キャンパス内には教会も!

 

とにかく広いので、しっかり回るだけでも約2時間は要します。時間に余裕をもっての来場をおすすめします。

 

The Grand Cafe

f:id:whhunternow:20200224195051j:image

たくさん歩いて疲れたので、ティータイム。

オックスフォードの観光ガイドで必ずと言っていいほど紹介されているこちらのカフェで休憩。

クリームティーを注文。スコーンはふわふわふかふかタイプでした。 

お客さんは観光客が多かったです。

 

日帰りでロンドンから簡単に行けちゃうオックスフォード。

ロンドン旅行の日程に組み込むのもおすすめだし、ロンドン在住者は週末の遠出のアイデアの一つとして、ぜひ。

 

ロンドンから日帰り旅行シリーズ↓