ワーホリハンターなう

3ヵ国でのワーホリ生活と海外旅行についてのブログ。

1泊2日ドイツ3都市クリスマスマーケット巡り

昨年末のこと。

私が小さい頃から抱いていた夢の一つ・・・本場ドイツのクリスマスマーケットに行くを叶えてきました!

 

ドイツ3大クリスマスマーケットの内の2つ、シュツットガルトニュルンベルクミュンヘンを組み合わせ、1泊2日で3都市のクリスマスマーケットに行ってきました。(シュツットガルト空港からドイツに入国し、ミュンヘン空港から出国しました。)

なかなかのハードスケジュールだったけど、クリスマスマーケットだけなら意外にも1泊2日でしっかり回ることが出来ます!(各地の観光まで組み合わせるとちょっと厳しいかもしれません…) 

?

世界最大!シュツットガルトのクリスマスマーケット

ドイツ3大クリスマスマーケットの内の一つ、シュツットガルトのクリスマスマーケットは、世界界最大規模のクリスマスマーケットと呼ばれています。

シュツットガルト中央駅からまっすぐ歩いたところにある繁華街全体にクリスマスマーケットが広がっており、空いている時間帯に全て駆け足で周るだけでも1時間半は要するでしょう。

f:id:whhunternow:20200111013918j:image

シュツットガルトのクリスマスマーケットの特徴は、なんといっても屋根!

各お店が屋根を豪華に飾り付けています。

毎年この飾りつけのコンテストも行われるのだとか。

 

シュツットガルトのクリスマスマーケットで食べたものをご紹介。

f:id:whhunternow:20200111013839j:image

右のKartoffelpuffer(カルトッフェルプッファー)はジャガイモのパンケーキ。

お好みでリンゴソースをつけていただきます。

すりおろしたジャガイモを揚げただけのシンプルな料理なのに、どうしてこんなにおいしいのでしょう!香ばしさがたまりません。

 

左のCurrywurst(カリーヴルスト)はドイツを代表するB級グルメ。

ぶつ切りのソーセージにカレーケチャップをかけたもの。

クリスマスマーケットに限らず、1年を通してどこでも手に入る国民的なインビス(軽食)です。 

文句なしにおいしい!

f:id:whhunternow:20200111013842j:image

私が今回の旅で一番ハマったのは、この、Mandel(マンデル)です!! 

お砂糖のかかったローストアーモンド。

お砂糖とローストアーモンドというこのシンプルな組み合わせに病みつきになってしまいました。

マンデルの屋台からはいつも甘くて香ばしい香りが漂っているので、近くを通るとすぐにわかります。

屋台を見かける度に買っていました。おいしかったなぁ~

f:id:whhunternow:20200111013904j:image

ドイツではクリスマスシーズンになるとクッキーを焼く習慣があります。

これはクリスマスクッキー用の型の屋台。

これ、全部クッキー型なんですよ! 

f:id:whhunternow:20200113042513j:image

週末でしたがお昼頃だったせいか全く混雑しておらず、ゆっくり楽しむことが出来ました。

電車で約2時間、ニュルンベルクに移動します。

?

世界一有名!ニュルンベルクのクリスマスマーケット

ドイツ3大クリスマスマーケットの内の一つ、ニュルンベルクのクリスマスマーケットは、世界一来客数の多いクリスマスマーケットとして知られています。

その規模もかなり大きく、私はシュツットガルトより大きいのではないかと感じました。

f:id:whhunternow:20200111013858j:image

中央駅から歩いて15分ほどの聖母教会の広場をメインに、街のあちこちに屋台が広がっています。

f:id:whhunternow:20200111013908j:image

夕方から散策したのですが、とにかく人人人! 

見渡す限り人しかいなかった。笑

f:id:whhunternow:20200113042509j:image

しかし、屋台はほとんど並びません。

会場が広く、屋台の数が極端に多いせいか、人がばらけている印象。

f:id:whhunternow:20200111013901j:image

ずっと飲んでみたかった念願のEierpunsch(アイヤープンシュ)!!(右)

卵酒みたいな感じ。アルコール入りの温かい甘いカスタードのようなお味でした。

おいしかった~~!

意外にアルコール度数が高いので注意。

 

左はアルコール入りのホットチョコレートです。こちらも濃厚でおいしかった~!

道中寒かったので、ホットドリンクが沁みました。

 

飲み物の値段にはマグカップのデポジット(保証金)が含まれており、返却するときにデポジットを返してもらえます。

マグカップは返却せずにお持ち帰りも可能!

今回はこのニュルンベルクマグのすりガラスが気に入ったのでお持ち帰り。

ドイツのハンバーグ、Fleischküchle(フライシュキューヒレ)もジューシーでおいしかった!

これはニュルンベルクのクリスマスマーケットでしか見かけませんでした。

f:id:whhunternow:20200111014007j:image

メイン会場もセクションがいくつか分かれており、こちらにはメリーゴーランドがありました。

会場があまりにも広いし、人が多かったことも相まって、全てのセクションを周り切れていない気が……。 

f:id:whhunternow:20200111013852j:image

翌日のお昼ご飯もクリスマスマーケットで。

日曜日だったけど、やっぱりお昼は夜とはくらべものにならないくらい空いている!

f:id:whhunternow:20200111013848j:image

もっとゆっくり観光したかったなーと後ろ髪を引かれながらもミュンヘンへ移動。

今回は時間も限られていたのでICEと呼ばれる新幹線のような列車を利用しました。

1時間ほどで移動出来ますが、切符がかなりの高額。

シュツットガルト - ニュルンベルク間より高くついてしまった……。快適だったけどね。

?

ミュンヘンのクリスマスマーケット

ミュンヘンのクリスマスマーケットはMarienplaz(マリエンプラッツ)を中心に街中に散らばっています。

f:id:whhunternow:20200111013911j:image

メイン会場のMarienplazはミュンヘン中央駅から徒歩15分ほどの街の中心地です。

こちらの会場では夜になるとパレードやショーなども行われます。

f:id:whhunternow:20200111013845j:image

ミュンヘンのクリスマスマーケットは、一つ一つの規模は小さいものの分散している範囲がとても広いため、街歩きを楽しみながら屋台を巡ることが出来ます。

各セクションごとに扱うマグカップの柄も異なるため、お気に入りを見かけたらすぐにゲットすべし!(私は買いそびれました。)

f:id:whhunternow:20200113042517j:image

いつ訪れても素敵だけれど、夜のMarienplazはライトアップされていて更に綺麗。  

 

今回はドイツ3大クリスマスマーケットの内2つを回れたので、次は残りの一つドレスデンに行ってみたいところ。

その時も周辺の都市と合わせていくつかハシゴできるプランを考えたいな。 

 

?