ワーホリハンターなう

海外生活と旅行のブログ

“私がドイツで盗まれた二つのもの”
“映画や音楽などのタイトルにおける冠詞による意味の違い”
“3カ国でのワーホリ中に経験したトラブル集”
“イギリスのスーパーで買える定番紅茶3種類を飲み比べてみた”

イギリスのスキンケア事情と私がイギリスで使っているもの

在英日本人が一度はぶつかるであろう壁、スキンケア。

日本で使っているものをそのままイギリスでも買えたら何の問題もないのですが、なかなかそういうわけにもいきません。

誰かの何かの参考になると信じて、この記事では私がイギリスで使用しているものをシェアしてみます。

 

イギリスで買えるスキンケアブランド

海外ブランドのデパコスは、もちろんイギリスでも購入可能です。日本より値段が安いことがほとんど。

しかし、日本仕様のものと成分が違うことが多く、テクスチャーや使用感が異なることがしばしば。注意が必要です。

 

無印良品イギリスで購入可能なのが嬉しい。

www.muji.eu

それから、花王のスキンケアシリーズCurél(キュレル)イギリスのBootsで購入可能です。

www.boots.com

私はキュレルの洗顔料を使っているのですが、めちゃくちゃ気に入ってます。

f:id:whhunternow:20200605192801j:image

現在大人気のThe Ordinary実店舗があるのも嬉しい。(日本にはまだ実店舗がない。)

もちろんオンラインショップもあります。

https://deciem.com/brand/the-ordinary

 

ボディショップロクシタンキールズといった王道スキンケアブランドも日本より安い価格で手に入ります。

 

イギリスのスキンケア事情

西洋式のスキンケアは日本式と大きく異なります。

  • 日本式:クレンジング→洗顔→化粧水→乳液美容液クリームなど
  • 西洋式:クレンジング→(拭き取り化粧水→)乳液美容液クリームなど

日本と比べると色々とすっ飛ばされている西洋式。

クレンジングのステップでは拭き取り式のものを使用する場合が多く、クレンジングウォーターやクレンジングシートを使うのがメジャー。

拭き取りクレンジングをしたのちに、トナー(拭き取り化粧水)で拭き取って、クリームで保湿して終わり。トナーで拭き取らずにそのままクリームを使う人もいます。

日本より水が柔らかいオーストラリアでもこの方式が一般的なので、水質はあんまり関係なさそう。西洋の習慣なのでしょうか。 

メジャーなスキンケア方法が違うせいで、西洋で洗顔料と化粧水を探すのはとっても大変です。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Garnier UK & Ireland(@garnieruk)がシェアした投稿 -

全員使ってるんじゃないの!?ってレベルでかなり多くのイギリス人がGarnierのクレンジングウォーターを使っています。

コットンに含ませて、メイクを落とします。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

NIVEA UK(@nivea_uk)がシェアした投稿 -

それから、ニベアのクレンジングシートも大人気。

イギリス(ヨーロッパ)のクレンジングシートはいくつか使いましたが、日本のものより水分が少ないため、こすって落とす感覚が強く、肌に負担がかかっているなぁという印象。

私はあまり好きじゃないので、旅行のときだけお世話になってます。

f:id:whhunternow:20200604203506j:image

私は西洋式スキンケアを取り入れてはいませんが、朝だけは洗顔の代わりにトナーで顔を拭き取っています。

現在、イギリスのスーパーや薬局などで簡単に手に入るSimplesoothing facial tonerを使っています。

とてもいい!という口コミがとても多かったので使い始めたのですが、これ、本当にいい!!!あまりにも安いからあまり期待していなかったんだけど(笑)。

恥ずかしいほどごっそり拭き取れます。拭き取ったあとのコットンを見て毎回驚いてしまいます。

私は敏感肌ですが、何のトラブルもなくストレスフリー。肌に優しい感覚があります。

安いのでたっぷり使えるのも嬉しい。リピートしています。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Pixi by Petra(@pixibeauty)がシェアした投稿 -

pixiのトナーも口コミ評価が高く人気なのだそう。次はこれを使ってみたいな。

 

BootsのTraditional Glycerin and Rosewaterも化粧水として人気らしい。

香料バリバリ使ってるし敏感肌の私には合わない気しかしないので、試したことはありませんが。

Boots Traditional Glycerin and Rosewater 200ml - Boots

 

私がイギリスで使っているもの

私は別に肌がめちゃくちゃ綺麗とかそういうのでは全然ないので、敏感肌でもこれらは問題なく使えてるよ、という点で参考にしてください。

f:id:whhunternow:20200611234141j:image

夜はこれ。化粧水は無印、それ以外はThe Ordinaryです。

無印の化粧水 → Hyalronic Acid 2% + B5 → Niacinamide 10% + Zinc 1% → Natural Moisturizing Factors + HA

の順で使っていましたが(ネットで推奨されていた)、

Niacinamide 10% + Zinc 1% → Hyalronic Acid 2% + B5の順で使った方がいい気がする。

ヒアルロン酸が先だとめちゃくちゃモロモロが出るし、浸透してない感じがする。

ナイアシンアミドは初めて使う最初の3日間くらいめちゃくちゃ肌がピリピリしたけど、今は全くピリピリしません。

f:id:whhunternow:20200611234156j:image

朝はSimpleのトナーで拭き取ったあと、Buffet → Natural Moisturizing Factors + HA。

たまにBuffetの前にNiacinamide 10% + Zinc 1%を入れることもあります。

f:id:whhunternow:20200605203745j:image

今のところThe Ordinaryを使って何か劇的な変化が起きたとかそういうのはありません笑。かなりマイルドめなものを使っているからかな。

でも、トラブルもない。敏感肌にとってはそこが大事。

 

以上、ワーホリハンターイギリスでのスキンケア事情でした!

イギリスでの洗顔料ジプシーにはかなり頭を悩まされました。よかったらご一読ください。