ワーホリハンターなう

海外生活と旅行のブログ

“私がドイツで盗まれた二つのもの”
“映画や音楽などのタイトルにおける冠詞による意味の違い”
“3カ国でのワーホリ中に経験したトラブル集”
“イギリスのスーパーで買える定番紅茶3種類を飲み比べてみた”

ローマ実績〜一人旅 食事編〜

こんにちは、365日おいしいものを求めて食べることしか頭にないNaoです。

今回のワーホリハンターなうは、実績シリーズ

ワーホリハンターなうの実績シリーズは、おすすめをまとめるのではなく、あくまでも実績。

今回ご紹介するのはローマでの食の実績

一人旅だったので、どのお店も一人で訪れました。

ローマを一人で訪れる人がなかなかいないせいか、一人で利用できるレストランを調べてもなかなかうまくヒットしなかったのですが、この記事で紹介するレストランは、どこもお一人様オッケー!

どのお店も私以外にもお一人様のお客さんがいました。

それでは参りましょう、ワーホリハンターのローマ一人旅、食の実績です。

 

 

カルボナーラ発祥のお店「Hosteria La Carbonara」

カルボナーラ発祥の地、ローマ。

私がローマで最初に行ったお店は、カルボナーラ発祥のお店で有名なオステリア・ラ・カルボナーラ

お昼の開店時間5分前にお店に到着しましたが、お店の前には既に列が……!

混雑を避けたい場合、早めに行くことをおすすめします。

 

メニューはカルボナーラ以外にも色々ありましたが、ここはもちろん名物のカルボナーラを注文。

お値段€10と、観光地にしてはかなり良心的なお値段で驚きました。

f:id:whhunternow:20211215053825j:image

10分程経って運ばれてきたカルボナーラ。

う〜ん、見た目からして大勝利〜!

本物のカルボナーラは生クリームを使わず、卵とチーズだけでソースを作っています。

 

肝心のお味は、噂に聞いていた通り日本人にはしょっぱすぎるかな〜?というのが正直な感想。

めっっちゃくちゃ濃厚なソースで、たまごーー!チーズーー!ベーコンーー!と、全ての素材の味がはっきりと感じられました。

麺は太めでもちもち!おいしかった〜

 

お値段もそこまで高くないし、初めてローマに行くならとりあえず行っておいて損は絶対ない。

お一人様向けの席も用意してあったので、堂々と一人ご飯出来たのもポイント高い。

 

ローマっ子に人気の本場のマリトッツォ「Pasticceria Regoli」

日本で大旋風を起こしているマリトッツォ先輩。

そんなマリトッツォもローマ発祥です。すごいなローマ。

マリトッツォとは本来、あの丸っこいパン自体のことを指すのだそう。

クリームが挟まっているのがデフォルトというわけではない。

f:id:whhunternow:20211215053822j:image

ローマの大人気お菓子屋さんで本場のマリトッツォを頂きました!€3。

パンと同じくらいの体積のクリームがもりもりと盛られていますが、クリーム自体に甘みはほとんどなく、ぺろりと食べてしまいました……

思った以上にパンがしっかりしていて、オレンジピールやナッツがたっぷりごろごろ入ってる!

おいしかった。クリームなしでパンだけ食べてみたい。

 

家族経営の人気ジェラートショップ「II Gelato di San Crispino」

イタリアに来たらジェラートは絶対に外せないッッ!

ローマでは絶対にどのお店でも「チョコレートとピスタチオを2段で1つ」で食べようと決めていました(ジョジョ5部)。

南イタリアではジェラートの上にホイップクリームを無料でのせてくれます。(北イタリアでは大抵有料です。)

お好みのフレーバーを伝えたら、「コン・パンナ・ペルファボーレ!」(クリームを上に乗せてください)と言うのをお忘れなく!

私はイタリア語は全く話せませんが、このフレーズだけは完璧です。

 

さてさて、私がローマで最初に行ったジェラート屋さんは、トレビの泉のすぐ傍にある家族経営のお店でした。

友人がTwitterで美味しいとつぶやいていたので、ピンを立てていたお店。

f:id:whhunternow:20211215053809j:image

カップのサイズによって値段が決まっていて、これは€3.50。

素材の味を生かした優しい味のジェラート。

もっと大きなサイズでもペロリと食べられたと思う。

北イタリアで食べたジェラートは正直ピンと来なかったんだけど、ローマではジェラートが本当に美味しいと感じた。

今回のローマ旅では、私はここのピスタチオが一番好きでした!

自然な甘さで、ピスタチオの粒も程よく入っていて、クリームとの相性抜群。

 

 

ティラミスといえばここ!「POMPI」

ローマのティラミス有名店、POMPI(ポンピ)

ローマで知らない人はいない程の知名度の高さ。

ローマ市内に店舗がいくつかあるのですが、私はトレビの泉の近くのお店でテイクアウト用のティラミスを購入し、ホテルで頂きました。

f:id:whhunternow:20211215053830j:image

€4。

それなりに大きかったので一人で食べきれるか不安でしたが、それは全くの杞憂に終わりました。笑

コーヒーとチョコレートがしっかりダークで、マスカルポーネクリームがなめらか。

甘さ控えめなのでぺろりと食べてしまった……!

日本人ならきっと好きな味。おすすめ。

 

 

格安ジェラートショップ「Frigidarium」

ナヴォーナ広場の近くにある、レストランが立ち並ぶエリアにあるジェラートショップ。

友人に教えてもらったお店です。

f:id:whhunternow:20211215053828j:image

見てください。

「チョコレートとピスタチオを2段で1つ」、そして、「コン・パンナ」(クリーム)、ワッフルまでついて、たったの€2!!(約250円)

おったまげました。本当に€2でいいの……?

もちろん味も、◎。ローマですから!

 

大人気ローマピザ屋さん「Pizzeria Da Baffetto」

若干観光客向けのピザのお店ですが、その中でも特に高い人気を誇るBaffetto。

ローマ風の薄い生地のピザが食べられるピッツェリアです。

こちらも友人から教えてもらいました。

 

お昼ちょっとすぎに行ったら大行列で、30分程待つことに……

しかし、上で紹介したジェラートショップの隣にあるお店なので、ジェラートを購入して食べながら待ち時間を過ごすことが出来ました。

一人で来ているお客さんもいて、お店側もお一人様に慣れているのがよかった。

f:id:whhunternow:20211215053803j:image

私がオーダーしたのはサラミのピッツァ。

飲み物と合わせて€11。安い……!

ローマ、観光地なのに、どこも安いのほんとすごい……(私がアムステルダムで麻痺しているだけ?w)

ローマピザ、おいしかったです。

ナポリピッツァとはまた違う、パリパリで薄い生地の食感が楽しい。

そしてね、やっぱりね、基本的にトマトとチーズが美味しいから、そりゃなんでも美味しくなるよね、イタリアすごいわ。

 

周りの人たちはみんなクアトロフォルマッジを注文していたので、クアトロフォルマッジを注文すればよかったとちょっと後悔しました。

トマトソースのピザが食べたかったからサラミピッツァにしたんだけど、このお店のクアトロフォルマッジはどうやらトマトソースベースのよう……。

シンプルでめっちゃおいしそうだったので、もしまた来ることがあれば絶対にクアトロフォルマッジを注文したい。

 

ローマで一番有名なジェラートショップ「Giolitti」

ローマでダントツの人気と知名度を誇るジェラートショップ、ジョリッティ

創業100年以上を誇る、超がつく老舗です。

常に列が出来ていますが、回転が早いので待ち時間は短め。

f:id:whhunternow:20211215053806j:image

もちろんここでもチョコレートとピスタチオを2段で1つ、そしてコン・パンナ・ペルファボーレです。

€3。こんなにもりもりにしてくれてありがたや。

 

ローマで行ったジェラート屋さんの中で一番濃厚でした。味が詰まってた。

チョコレートジェラートはここのが一番好きだったなぁ。

 

ローマ最古のカフェ「Antico Caffè Greco」

ローマに来たら絶対に訪れたかったのがカフェ・グレコ

1760年から営業を続ける超老舗。

あのメンデルスゾーンやリストも、ここでお茶をしたんですって!夢が膨らむ〜!

f:id:whhunternow:20211215053812j:image

とてもクラシックで落ち着く店内。

お一人様席があったので、一人でゆっくり過ごすことができました。

スーツをビシッと着こなしたバトラーのようなかっこいい店員さん達が案内してくれます。

店内は静かで、Wi-Fiも完備されていたので、ホッと一息つくのに最高でした。

 

さて、ここまで「イタリアすごい!安い!」ってキャーキャー言ってきたけど、ここはカプチーノだけで€10!w

ジェラート5個食べられるじゃん???w

それもそのはず、名だたるハイブランドばかりが並ぶローマ一のショッピング街"コンドッティ通り"のど真ん中にあるのがカフェ・グレコですから。

 

リーズナブルなローマ料理レストラン「Ristorante Amedero」

こちらも友人から教えてもらったレストラン。

一見ちょっと高級そうなお店なのですが、とってもリーズナブルでした!

落ち着いて食事をしたいときにおすすめです。

ディナータイムに一人で訪れましたが、私以外にもお一人様がいたこともあり、気持ち的にも一人でゆっくりと食事を摂ることが出来ました。

f:id:whhunternow:20211215053819j:image

前菜に注文したブルスケッタ。

オリーブオイルの香りがとっても華やかで、たまらなくおいしかった。

f:id:whhunternow:20211215053815j:image

アマトリチャーナ。

トマトソースが濃厚で、麺がもちもち〜!

飲み物と合わせて全部で€18でした。

やっぱりローマは安くて美味しい。

 

余談ですが、飲み物はThomas Henryというイタリアのブランドのジンジャービールを飲んだのですが、びっくりするほど辛口だった。

ココイチの2辛くらい辛かった。

生姜がこんなに辛くなることってあるの?とびっくりしました。

美味しかったので、次イタリアを訪れたら絶対にまた飲もうと思います。

 

おわりに

"世界一の観光地"と言われるローマ。

一人でも入りやすい上に美味しいお店がたくさんあったのが非常に印象的でした。

観光地ってやけに物価が高いことが多いですが、ローマは非常にリーズナブル。

その上ハズレが少なく基本的に美味しいので、食の満足度が非常に高い旅となりました。

さすがイタリア。いやはや、参りました。