ワーホリハンターなう

海外生活と旅行のブログ

“私がドイツで盗まれた二つのもの”
“映画や音楽などのタイトルにおける冠詞による意味の違い”
“3カ国でのワーホリ中に経験したトラブル集”
“イギリスのスーパーで買える定番紅茶3種類を飲み比べてみた”

イギリスの薬局で買える痔のお薬

 

ごまかしごまかし生きてきたけど、もうごまかせなくなって限界だったので、イギリスの薬局で痔の薬を買いました。 

f:id:whhunternow:20200506223045j:image

Anusol cream。Bootsで4.99ポンドでした。 

イギリスで痔の薬のエキスパートといえばこちらのブランドです。

f:id:whhunternow:20200508212701j:image

外にも中にも使えるよってことで、このようなアプリケーターも付属しています。

(これって再利用するってこと……?日本には使い切りタイプがあるので、より衛生的だなぁと思いました。まぁ私は外の人間なので、使わないけど。)

 

ointment(軟膏)タイプもありますが、こちらは中には使えません。外限定です。

外だとわかりきっていて症状がひどい場合は軟膏タイプを使うのがよさそう。

 

痔は英語で「piles」。

でもなぜかこの単語、通じないことが多い……パッケージにも書いてあるのに。

その度に「お尻の穴が痛いアレだよ!」というと、「あ〜!hemorrhoidね!」と言われます。

hemorroidというオフィシャルな硬い言い方の方が理解される率が高い。

いちいち説明するのがめんどくさい場合に備えて(?)、両方とも覚えておいた方がいいかも。

 

ワーホリハンターお薬シリーズ↓