ワーホリハンターなう

3ヵ国でのワーホリ生活と海外旅行についてのブログ。

ワッフルの街リエージュでへろへろ

ベルギー半周一人旅も終盤に差し掛かっていたときのこと。

主にオランダ語圏を巡っていたので、「もっと違うベルギーが見たい!フランス語圏も見てみたい!」と思い立ち、ゲントからバスに乗りリエージュへ行ってきました。

リエージュが私にとって魅力的だったのは、フランス語圏だからという理由だけではありません。

もう一つの大きな理由はリエージュワッフルです!

 

Liège-Guillemins(リエージュ=ギユマン駅)

リエージュ=ギユマン駅は街の中心部から徒歩25分くらいの場所にある駅で、長距離列車などはこの駅に止まります。

ブリュッセルからリエージュに来る場合もこの駅にお世話になることになるかと。

リエージュ=パレス駅まで乗り換えれば、街の中心部まですぐなのですが、私はあえてこちらの駅で降りてみました。というのも、リエージュ=ギユマン駅はとても美しい駅だと聞いていたから。

f:id:whhunternow:20200419045714j:image

スペインの建築家サンティアゴ・カラトラバ氏によるデザイン。

ダイナミックでモダンな造りです。 

f:id:whhunternow:20200419045737j:image

光が差し込むデザインなので、とても明るい。しかも絶妙な加減なので、ほどよく涼しい。 

かっこいい建物が好きな人はぜひチェックしてみてください。

Pollux

ベルギーワッフルは2種類ある。

一つはブリュッセルワッフル、そしてもう一つはここリエージュが起源とされているリエージュワッフルです。

ブリュッセルワッフルは長方形で柔らかく甘さ控えめ。トッピングを楽しんで食べることが多く、食事系ワッフルに使われるのもブリュッセルワッフルが多い。

リエージュワッフルはパールシュガーのジャリジャリ感が特徴で甘くて固めの生地です。

日本でメジャーなのはリエージュワッフル。有名なマネケンのワッフルもリエージュワッフルです。

ブリュッセルワッフルもふわふわで美味しくて好きだけど、私はリエージュワッフル派です。

f:id:whhunternow:20200419045729j:image

というわけで、出来立てほかほかのリエージュワッフルをリエージュでいただきました。

バニラシュガー味。フランス語圏なので、お礼はメルシーで。

焼きたてだったのでふわふわしていましたが、リエージュワッフル独特のお砂糖の甘みと食感は健在。

街の中心部だとこちらのお店が一番人気のようです。ワッフル片手に街の散策を楽しみました。

 

f:id:whhunternow:20200419045746j:image

街の雰囲気がフランドル地方(ベルギー北部のフラマン語(ベルギーオランダ語)圏)と全然違って面白かった。 

Friterie du Perron

ワッフルで甘いもの欲求が満たされたところで、次は塩辛いもの欲求を満たす。

たまたま通ったお店の評価が高かったので寄ってみました。

f:id:whhunternow:20200419045754j:image

ベルギー名物フリッツ(フライドポテト)です。ベルギーお決まりのマヨトッピング。

スモールサイズでこの量。マックポテトのLサイズくらいある。

ベルギーのフライドポテトは牛脂で揚げられているため、独特の旨味があっておいしい。

Montagne de Bueren(モンターニュ・ド・ビュラン)

リエージュ観光のハイライトといえば、ここ!

f:id:whhunternow:20200419045700j:image

長〜〜い階段、モンターニュ・ド・ビュランです。

ま、まじか、これ登るのか……

f:id:whhunternow:20200419045652j:image

果てしない〜!この階段でビューラン山を登ります。

f:id:whhunternow:20200419045813j:image

これで半分くらい。頂上までまだまだ。

南半球のスコットランド"ダニーデン"のボールドウィンストリート思い出したわ…… 

しかも片手にフライドポテト。きつい。

f:id:whhunternow:20200419045722j:image

つ、ついた〜〜〜!!

達成感。 気持ちの良い景色です。

本当はここからさらにハイキングコースなんかもあって、林を抜けて街に降りるコースとかもあるんだけど、私はギブアップ。しばらく頂上でゆっくりしました。

f:id:whhunternow:20200419045646j:image

フライドポテトを持ってたので、頂上の景色をバックにフライドポテトの記念撮影。

なかなかいないと思うよー、フライドポテト食べながらこの階段登る人。全然おすすめしません。

Église Saint Barthélemy

f:id:whhunternow:20200419045819j:image

外見がお菓子の家のようでかわいいと有名な教会をチラ見。

階段でバテちゃったし時間も迫っていたので、リエージュ観光終了。 

リエージュを訪れた時期が時期だったので、知人や家族からは「スパ・フランコルシャン行くの!?」って聞かれましたが、たまたまその時期にリエージュに行っただけでスパには行きませんでしたー。残念。

リエージュはスパ・フランコルシャンへの拠点としても有名な都市。なので、いつかまた絶対訪れることになりそう。ふふふ

その時は、この旅で寄りたかったけど定休日のため行けなかったお店に行きたい。メモとして残しておく。

 

Chez Stockis Café Lequet

リエージュ名物リエージュミートボールが美味しいお店。

 

Une Gaufrette Saperlipopette

リエージュワッフルを食べるならここ!らしい。評価めちゃ高い。

 

ベルギーの他の都市の旅行記もよろしければどうぞ↓