ワーホリハンターなう

海外生活と旅行のブログ

“私がドイツで盗まれた二つのもの”
“映画や音楽などのタイトルにおける冠詞による意味の違い”
“3カ国でのワーホリ中に経験したトラブル集”
“イギリスのスーパーで買える定番紅茶3種類を飲み比べてみた”

こんなときだけホームシック

 

海外生活を始めて早4年。

日本に帰りたいと思ったことはほとんどないのですが、どうしてもホームシックになってしまう条件が一つだけあります。

それは、体調を崩したとき

f:id:whhunternow:20200602005724j:image
AWOMB祇園八坂店にて

体調を崩すと無条件に日本が恋しくなる。

日本というより、日本食が恋しくなる。

海外で食べられる日本食じゃなくて、日本で食べる本物の日本食が恋しくなる。

 

先月、少しだけなんとなーく体調が優れない日が続いたことがあった。

もうね、一気にホームシックが加速しましたよ。

ぐわあああああ!って、日本のご飯が食べたい〜〜〜!って。

 

こっちの人が体調が悪い時に口にするものと言えば、チキンスープ、ミントティー、ホットレモネードなど。

でも、違うの、私はおかゆとか茶碗蒸しとかうどんとかそういうのが食べたいの。

ついでにトンカツも食べたいし、唐揚げも食べたいし、鍋料理も食べたい。

全然消化に良さそうじゃないものまで、体調不良を引き金にどんどん恋しくなる。

 

コンビニのおにぎりが食べたい。

でも、手作りののりがふにゃっとした梅干しおにぎりと日本のウインナーと卵焼きも食べたい。

 

次々と食べたいものが湧いてくる。

普段は全然平気なのに。体が弱っていると食べ慣れた味が一気に恋しくなるんだろうな。

 

ロンドンは日本食の材料は割と簡単に手に入るんだけど、とにかく高いし、せっかくロンドンにいるんだしと謎の意地を張って、容易に手に入れることは手にしたくなくて……なんでしょうねぇ、これ。

まだしばらく日本に帰らないから、身体は壊したくないな。

 

このときも体調が優れなくて、我慢できずにうどん屋さんに駆け込んだ↓