ワーホリハンターなう

3ヵ国でのワーホリ生活と海外旅行についてのブログ。

イギリスの洗顔事情と今まで使ってきた洗顔料

ついに日本から持ってきていた洗顔料のストックがなくなってしまいました。英国での洗顔料ジプシーの始まりです。 

気軽に買える無難なものがすんなりと見つかるだろうと思っていたのですが、とんでもありませんでした。3つ使って3つとも好みじゃなかった。

備忘録と情報共有?のため、ブログに残しておきます。 

 

そもそも、西洋式のスキンケアは日本式と大きく異なります。

  • 日本式:クレンジング→洗顔→化粧水→乳液美容液クリームなど
  • 西洋式:クレンジング→(拭き取り化粧水→)乳液美容液クリームなど

日本と比べると色々とすっ飛ばされている西洋式。

クレンジングのステップでは拭き取り式のものを使用する場合が多く、クレンジングウォーターやクレンジングシートを使うのがメジャー。

拭き取りクレンジングをしたのちに、トナーで拭き取って、クリームで保湿して終わり。トナー(拭き取り化粧水)で拭き取らずにそのままクリームを使う人もいます。

日本より水が柔らかいオーストラリアでもこの方式が一般的なので、水質とかはあんまり関係なさそう。

 

メジャーなスキンケア方法が違うせいで、西洋で洗顔料と化粧水を探すのはとっても大変。

イギリス住みのみなさんはどうしてるのかなと思い、ツイッターでアンケートを取ってみました。ご協力ありがとうございましたm(__)m

f:id:whhunternow:20200617215540j:image
日本と同じスキンケアを続けていらっしゃる方はちょうど半分。

もう半分の方は洗顔なしでクレンジングのみという西洋方式を取り入れているようです。

 

イギリスで洗顔料を買うにあたって色々リサーチしたのですが、そもそも"洗顔料"という商品がとても少ない!

よくあるのは、上で述べたクレンジングのステップで拭き取りではなく"洗い流すタイプ"のクレンジングを使う場合に使うFace Wash。

でもこれはメイクを落とすための洗顔料なので、「乾いた肌と手で使ってね」というものが大半を占めています。お風呂で使いにくいじゃん〜〜涙。

ということで、スーパーやドラッグストアで手軽に買える、濡れた肌にも使える数少ないFace Washをいくつか試してみました。

3週間で3本試したよ……

f:id:whhunternow:20200611233458j:image

まず最初に使ったのはClean&Clearの洗顔フォーム。

daily washって書いてあるし、パッケージ的にも日本のビオレ的な感じでシンプルな洗顔料かな〜と予想していたのですが、こちら、スクラブ入りでした……

しかも、洗い上がりがなんかヌルヌルする……すっきり洗い流せている感じが全然しない!!

使ったその晩から肌がピリピリしたので、こりゃダメだと思い数回で使用を中止。

スクラブ洗顔料は毎日は使えないです。

f:id:whhunternow:20200611233505j:image

次に、肌が綺麗な友達がこのブランドいいよと勧めてくれたので、Your Good Skinのプロダクトを試してみました。

いくつか種類があるのですが、濡れた肌にもオッケーなのがこれだったのでこちらの"Brightening Exfoliating Wash"をゲット。

使ってびっくり。これもスクラブ入りでした。毎日使えない……

別のクレンジングジェルタイプ&乾いた肌用のものだとスクラブ入りではないみたいです。友達が使っているのはこのクレンジングタイプとのこと。失敗したー。

こちらも敢え無く使用を中止。肌がピリピリすることはなかったので、週1くらいなら使えるかな。

f:id:whhunternow:20200611233502j:image

とにかくお風呂で使えるやつ〜〜〜!と行き着いたのが、困ったときのSimpleです。 

Simpleはイギリス国内のスーパー、ドラッグストア、どこでも目にするスキンケアブランド。 

あんまり期待していなかったのですが、これが今のところ一番マシ。

しかし、洗い上がりがめっちゃヌルヌルする……ちゃんと洗い流せてない感じがします。涙

だからトナーで拭き取らないといけないのかー??うーん。

洗い上がりが好みじゃないことを除けば、今のところトラブルなく使えているので、とりあえずつなぎでこれを使います。肌に優しい感じはする。

 

キールズやボディショップ、クリニークによさそうな商品があるのと、最悪イギリスには駆け込み寺のキュレルと無印があるので、これからも洗顔料ジプシーを続けていきます。