ワーホリハンターなう

海外生活と旅行のブログ

“私がドイツで盗まれた二つのもの”
“映画や音楽などのタイトルにおける冠詞による意味の違い”
“3カ国でのワーホリ中に経験したトラブル集”
“イギリスのスーパーで買える定番紅茶3種類を飲み比べてみた”

ロンドンのチャイナタウンで飲茶を食べるならここ!おすすめレストラン4選

声を大にして言います。

ロンドンの中華料理は美味しい!!!

チャイナタウンにあるお店は、どこに入っても大抵ハズレなく美味しい食事を楽しめるのですが、あまりにも数が多いためどこに行けばいいのか迷ってしまうのも事実。

この記事は、そんな方の手助けとなるロンドンチャイナタウンの飲茶ガイドです。

どうぞお楽しみください。

 

ロンドンチャイナタウンの飲茶(Dim Sum・ディムサム)基本情報

飲茶とは、香港、マカオ等を中心とした文化で、お茶を飲みながら点心を食べることを指します。

つまり、正確に言うと、"飲茶"は動詞として使うのが適切。"飲茶をする"というのが正しい。

点心は英語でDim Sum。軽食のことです。

 

飲茶をする本来の時間帯は朝〜午後3時と言われています。

そのため、ロンドンのチャイナタウンではディナータイムに点心を豊富に提供しているお店がほとんどありません

また、朝からオープンしているお店も少ないため、ランチタイムを狙って飲茶しにいくのがポイントです。

さらには、ロンドンのチャイナタウンではランチタイムの予約を受け付けているお店がほとんどありません。ほとんどのお店がウォークインのみでの受付です。

特に週末は混み合うため、オープンと同時にお店に行くことをおすすめします。

 

ロンドンチャイナタウンには無数のレストランがあります。

最初に述べた通りどこのお店に入ってもハズレがないのですが、強いて言うならば「グーグルマップで星4つ以上のレストランを選べばさらに間違いない」といったところでしょうか。

 

ここまでの情報をまとめます。

  • ランチタイムのオープンと同時にお店に行く
  • グーグルマップで星4つ以上のレストランを選べば間違いない

この2つがロンドンのチャイナタウンで飲茶するときのポイントです。

 

ここからは私がリピートして何度も訪れているお店を紹介します。

中にはランチタイムの予約を受け付けているお店もあるため、要チェックです!

 

Orient London

f:id:whhunternow:20201020022238j:image

私が一番リピートしているのはこのお店、Orient Londonです。

店内はとても広く綺麗で、座席もゆったりとしています。

大人数での利用もおすすめ。

f:id:whhunternow:20201020022234j:image

ベーシックな点心がなんでも揃うレストランです。

私はここの海老餃子とマッシュルームダンプリングがお気に入り!

 

Beijing Dumpling

f:id:whhunternow:20201020022302j:image

「小籠包をたらふく食べたい!」という願いを叶えるならこのお店、Beijing Dumpling!!

Dumplingという名前を掲げている通り、小籠包に力を入れているお店です。

色んな種類の小籠包を提供しています。

スープがたっぷり入った熱々の小籠包は、いくらでもお代わりしたくなる美味しさ。

小籠包はディナータイムでも豊富に提供されているので、夜に訪れても安心して小籠包を思い切り楽しむことが出来ます。

 

入り口ではガラス越しに小籠包を作っている様子を眺めることが出来ます。

麻婆豆腐や坦々麺もとっても美味しい。

 

Wan Chai Corner

f:id:whhunternow:20201020022258j:image

在英邦人がなぜかこぞって愛用しているのがこのお店、Wan Chai Cornerです。

日本人カスタマーが多いからか、店員さんの日本人の扱いもなんだか手馴れた様子。笑

大人数も対応可ですが、少し狭めの店内なので、私は少人数のときによくこのお店を選んでいます。

メニュー内容は1件目に紹介したOrient Londonと似ていますが、Wan Chai Cornerの方が少しだけローカル感が強いように感じます。

 

Joy Kind Lau

4件の中で唯一ランチタイムの予約も受け付けているのがJoy King Lau

大人数の場合や決まった時間に来店したい場合は、こちらを予約して利用するのがいいかもしれません。

一見ポッシュな雰囲気を醸し出していますが、内容は他のレストランと変わらず至ってカジュアルなので、肩肘張らず飲茶を楽しめます。

日本人カスタマーが多いのか、店員さんは日本語を話せます。

英語に自信のない人でも安心のお店です。

f:id:whhunternow:20201020022227j:image

こちらのレストランの一番の特徴はなんでもかんでも大きいこと。(笑)

小籠包の大きさ、伝わりますか?(笑)

レンゲに全く乗り切りません。ものすごくはみ出します。

f:id:whhunternow:20201020022231j:image

焼き餃子もこの調子です。とにかく大きい。

f:id:whhunternow:20201020022253j:image

デザートもかなり大きいため、少しずつ頼んで足らなかったら追加注文する、くらいの感覚でいることを強くオススメします。

f:id:whhunternow:20201020022249j:image

このレストランの福建チャーハンがめちゃくちゃ美味しいので、ぜひ注文して欲しい。

注文は"福建チャーハン"で通じます(笑)。

 

以上、ワーホリハンターによるロンドンチャイナタウンの飲茶ガイドでした!

 

ロンドンはインド料理もおいしい↓

ロンドンはハンバーガーもおいしい↓