ワーホリハンターなう

海外生活と旅行のブログ

“私がドイツで盗まれた二つのもの”
“映画や音楽などのタイトルにおける冠詞による意味の違い”
“3カ国でのワーホリ中に経験したトラブル集”
“イギリスのスーパーで買える定番紅茶3種類を飲み比べてみた”

オランダで歯医者さんに行ってきた話

f:id:whhunternow:20210728013132j:plain
Photo by Alexon Unsplash

先日のこと。

とうとう(?)オランダで歯医者さんに行ってきました。

というのも、パンを食べていたら歯が欠けてしまい……(やわらかいヴィエノワズリー系のパンだったので、まさか歯が欠けるとは思いもしませんでした。)

海外で歯医者さんに行くのは初めて。 

ドキドキながらも大満足の仕上がりだったので、備忘録がてらブログに記しておきます。

 

かかりつけ歯科医の登録

まずは、かかりつけ医(ハウスアーツ/ホームドクター)を登録したときと同じように、かかりつけ歯科医の登録を行います。

私は最寄りの歯科のウェブサイトに行き、そこからウェブ登録をしました。

すると、翌日電話がかかってきて、ハウスアーツを登録したときと同じように問診日の予約を取る流れになりました。

 

ハウスアーツ/ホームドクターの登録についてはこちらをどうぞ→オランダのハウスアーツ/ホームドクターの登録をしてきました - ワーホリハンターなう

 

ちなみに、Amstelveenには日本人歯科医と日本人歯科衛生士のいる歯科があるので、不安な方はそちらに登録するとよいかもしれません。

 

問診と検診

登録のための問診の予約日、歯科医を訪れました。

問診票に記入し、レントゲンを取り、一通り歯の検診を受けました。

気になることがあるか聞かれ(歯が欠けたことを伝えました)、歯の治療日を予約。

歯の治療と共にクリーニングも必要だと言われたのですが、同日に全て完了するように予約を調節してくれ、大変助かりました。

 

私が登録した歯科は設備がとても整っており、レントゲンも座ったまま一瞬で完了し、オランダにはないと噂で聞いていたうがいをする台もありました。

なんなら、今まで日本で通っていた歯医者さんの何倍も設備が整っているように見えました……!

 

実際の治療

実際の治療は、歯医者さんと歯科衛生士さんの手際のよい治療のおかげで、あっという間に終了。

あまりの手際の良さに驚いたほど!

テキパキと治療をしながらも、「この歯には麻酔が必要だけど、この歯にはいらないから」といった説明もきちんとしてくれましたし、普段のお手入れのアドバイスもしてくれました。

オランダの歯科医はフロスより木のトゥースピックを推奨しがちだと噂に聞いていましたが、私ももれなく木のピックをおすすめされました(笑)。

使い方や購入場所もしっかりと説明してくれ、安心できました。

「次回は半年後に定期検診に来てね」と言われて終了。

治療してもらった歯も、違和感が全くなく完璧でした。

 

請求について

後日、メールにて請求書が届き、iDealで支払いました。

オランダの歯科は、どこで治療を受けても同じ金額になるため、不正に多額請求されるようなことはないのだそう。

 

私が登録した歯科は、直接健康保険会社に請求してくれるシステムになっており、保険でカバーされなかった分が後日請求されました。

直接保険会社に請求してくれない歯科医もあり、その場合は自身で保険会社に補償金を交渉しなくてはならないようです。

 

保険についてはこちらをどうぞ→オランダで医療保険/健康保険の加入手続きをした話 - ワーホリハンターなう

 

おわりに

海外で歯科にかかるのは初めてでしたが、日本みたいに頻繁に通う必要がないのがとても快適です。

担当の歯医者さんがとってもイケメンだったので、定期検診も苦にならなさそうです(笑)。