ワーホリハンターなう

海外生活と旅行のブログ

“私がドイツで盗まれた二つのもの”
“映画や音楽などのタイトルにおける冠詞による意味の違い”
“3カ国でのワーホリ中に経験したトラブル集”
“イギリスのスーパーで買える定番紅茶3種類を飲み比べてみた”

初期費用20万円でオーストラリアワーホリに行った話

私がよく言われること。

「カナダにもオーストラリアにもワーホリに行って、よくそんなにお金あるね?」

……ないです!!(笑)

そもそもワーホリって、語学学校に行かなければお金はそんなにかからないのが現状です。

 

初期費用20万円でオーストラリアワーホリへ

20万円。

これは私がオーストラリアワーホリのために実際に初期費用として用意した金額です。

内訳は、

  • ワーホリビザ申請料金・約¥37,000
  • 飛行機片道・約¥40,000
  • 最初の一週間のAirbnb滞在費・約¥33,000
  • 家賃+デポジット・¥41,000
  • SIM契約費用・約¥3,400

計¥154,400。

残高¥45,600。

この残高を食費とトラムや電車に使う交通費と考えたら結構余裕ですよね。RSAを受けても余裕です。(4700円くらい。)

 

ここでポイントなのが、オーストラリアはお給料&家賃が週払いのところがほとんどだということ。

そのため、オーストラリアワーホリなら初期費用を抑えることができるのです。

仕事さえ見つけてしまえば、1週間で収入を得られます。

そして家賃が週払いなので、シェアハウス入居のための初期費用も高くなくて済みます。

 

私は運良く入国してから比較的すぐに家も仕事も見つけることが出来たので、この金額で足りました。

あと1週間仕事探しが遅れていたら、大変なことになっていたと思います。

 

カナダは最低初期費用がもう少しかかる

理由は、カナダのお給料と家賃が週払いではないから。

お給料は2週に一度、家賃は月払いであることがほとんど。

そのため、どうしても初期費用がオーストラリアよりかかってしまいます。

その上、カナダは即入居できる物件がオーストラリアより少ないというのもマイナスポイント。

また、オーストラリアへはLCCのジェットスターが飛んでいますが(ジェットスターの本拠地はオーストラリア)、カナダへのLCCはなかなかありません。

そのため飛行機代も高くつきます。

カナダの場合、オーストラリアの最低初期費用+10万円=30万円は最低でも見ておいた方が良いかもしれないです。

カナダはシェアハウス入居費用が一番痛いです。

初期費用だけで1000ドルほど一気に飛びます……。

しかし、物価自体はオーストラリアよりカナダの方が安いのが事実。

また、ビザ申請費用もオーストラリアよりカナダの方が圧倒的に安いです。

 

また、思い立ったらすぐに行けるオーストラリアワーホリとは違い、カナダはビザが抽選のため、申請方法が特殊です。

総じて、オーストラリアワーホリの方が気軽に行けると言えるでしょう。

 

 

海外旅行保険

ここまで読んであれ?と思った方もいらっしゃるかと思います。

そうです、私、今回のオーストラリア、海外旅行保険に入っていません。。

理由は、クレジットカード付帯の海外旅行保険と、日本で加入している生命保険でなんとかなる!という判断のため。

それから、カナダに1年いて病院に一度もお世話にならなかったから。

もちろん、海外旅行保険は入ったに越したことはないです!しかし、私は節約のため、これは見送りました。

 

最後に

語学学校に行くとなると、最低でもこれに+60万円は見ておいた方が良いかと思います。

また、保険に入るとなると期間にもよりますが更に+10〜20万円……

あくまでもこの20万円でワーホリというのは、最低金額としてご参照ください。