ワーホリハンターなう

バンクーバーとメルボルンでのワーホリ生活や、海外旅行についてのブログ。

バンクーバー交響楽団の演奏会に行こう!

バンクーバーにオーケストラがあるのを知っていますか?

街中でよく見かけるVSOと書かれたポスターや旗。このVSOとはバンクーバー交響楽団のことです。

正式名称はVancouver Symphony Orchestra約100年の歴史を誇り、市民に愛されるオーケストラです。

 

 

 

Vancouver Symphony Orchestra

日本でも一時期話題になったこの動画。これ、バンクーバー交響楽団です(笑)

ライトセーバーで指揮をしているのが首席指揮者のBramwell Toveyさんです。日本人指揮者秋山和慶さんはバンクーバー交響楽団の桂冠指揮者でもあります!

もちろん毎回こういうコンサートをしているわけではないのですが(笑)、シネマコンサートやポップスコンサートも頻繁に開催されていますよ!

 

メイン会場はOrpheum Theatre 

f:id:whhunternow:20180318001251j:image

コンサートが開催されるメインの会場は、こちらのOrpheum Theatre。とっても素敵な会場です!

ダウンタウン内なので、アクセスもバッチリ。

 

チケットの入手方法

Vancouver Symphony Orchestra | Welcome

こちらの公式HPから購入することができます。

クレジットカードで支払い、当日BOX OFFICEにて身分証(BCIDやパスポート、学生証など)を見せてチケットを受け取るのが一番簡単な方法。当日券の販売があることも。

チケットの値段は座席と公演により様々。たまに10ドルで聴けるときなんかもあります!

気になるプログラムや日付を選んで、まずはチェックしてみてくださいね!ちなみに、夏の間はオーケストラはシーズンオフです。

 

また、35歳以下またはフルタイムの学生は、ALL-ACCESS PASSという割引会員になれます!

これは特定の公演のチケットを15ドルで購入できる制度。一般販売のチケットと一緒に購入することは出来ないので、注意。

 

 

私は音楽が大好きなので、ほぼ毎週このVSOのコンサートに通っていました。

プログラムにも創意工夫が見られて面白かったです。(例えば曲間を設けずすぐに次の曲の演奏を初めて、あたかも一曲のように聴かせることがあったり……)首席指揮者のBramwell Toveyさんや、専属作曲家Jocelyn Morlockさんの新作が聴けることもありましたよ!

また、観客の聴き方が日本と大きく違うことに一番驚きました。演奏が素晴らしいと曲間の拍手があるのは当たり前。素晴らしい公演の際はブラボーの嵐、スタンディングオベーションもありました。

みんな結構ノリノリで聴いています。シーズンオープニングコンサートのときなんて、それはもう大盛り上がり!待ってましたー!と言わんばかり。オーケストラと市民の距離が日本より近いな〜と感じました。

またVSOはコンテンポラリーミュージックを中心とする室内楽コンサートも頻繁に企画しています。こちらはオルフェウムシアターではなく、教会だったり、小さなホールだったり、会場も様々!音楽好きはこちらもチェック!

 

VSOのコンサート、敷居も低いですし、お手頃価格で聴きに行けるので、バンクーバー滞在中にぜひ一度は足を運んでみてください!