ワーホリハンターなう

バンクーバーとメルボルンでのワーホリ生活や、海外旅行についてのブログ。

メルボルンで経験した人種差別の話

今回の話題は明るくないです。

でもこれが現実にあるということを忘れないためにも、書き留めておこうと思います。

 

 

 

私は現在ワーホリ2カ国目としてオーストラリアのメルボルンに滞在しています。オーストラリアへの入国はこのワーホリが初めてです。

入国前から「オーストラリアは人種差別がある」ということをほんのり聞いていたのでちょっとは覚悟していたのですが、実際に自分がその対象になってみると、その悲しさはこの上ないものだと実感しました。

 

勤務先(飲食店)のとある常連さんが、私の接客を頑なに受けようとしないんです。常連さんだからほぼ毎日会うのに。

目も合わせてくれません。どんなに笑顔で挨拶しても、返してくれません。

彼女は毎回、目線が絶対に合わないようにして、「私は◯◯(オーナー)を待ってるの。」と言ってきます。

 

始めは「彼女はきっとオーナーがお気に入りで、だからオーナーと話したいのかな」と思っていたのですが、後にオーストラリア人の同僚たちに対してはオーナーをわざわざ呼ぶことはせず、そのまま接客を受けていることに気付きました。

そして彼女は、台湾出身・スリランカ出身の同僚に対しても私と同じ対応をしていることがわかりました。

 

私がいつも不思議そうにしているのを見て、台湾出身の同僚が教えてくれました。

「彼女は西洋人に対してしか目を合わせないんだよ。」

 

カナダにいたときには”人種差別”なんて一切意識したことがなかったのですが、「あ、もしかしてこれがオーストラリアの人種差別ってやつ?」と、ずどーんと重い気持ちになりました。

私は彼女に対してなにも悪いことしてないのに、なんでなのだろう……と。

 

別の常連さん。

彼女はオーストラリア人以外のスタッフに対してとても冷たい態度を取ります。もちろん私に対しても。明らかに態度が違うし、偶にいじわるな発言もされるので、とても傷つきます。

一度スペイン人の同僚に対して、スペインの悪口を延々と話しているのを聞いて驚いたことがあります。母国の悪口を言われた同僚は、もちろん私以上にとても驚いていました。

 

私はまだ、生卵を投げつけられたりするようなひどい人種差別を経験したことはありません。

しかし、上にあげたようなシチュエーションには週に何度も遭遇します。その度にモヤッとしてしまいます。そして大抵の悩みなんてどうでもよくなります。それくらい悲しい。(最近はこの程度はすっかり慣れてきてしまいましたが……悲しいことに。)

 

でも、日本にいるだけじゃこんな経験出来なかっただろうなと、やけにポジティブに捉えています。人種差別ってこういう小さいものを含めても実際にあるんだなぁと。

もちろんそういう人達の方がマイノリティで、大多数の人はとてもフレンドリーなんですけどね、メルボルン。

 

ある日、スリランカ出身の同僚が言っていました。

「そういうことする人たちって、何かが欠けてて寂しがってるんだよ。」

一生聞けそうにもないけど、なぜそうしてしまうのか、彼女らに聞いてみたいなぁ。