ワーホリハンターなう

バンクーバーとメルボルンでのワーホリ生活や、海外旅行についてのブログ。

実際、ワーホリって稼げるの?カナダとオーストラリアでワーホリしてみてわかったこと

みんなが気になるお金の問題。

ワーキングホリデーって実際ちゃんと稼げるの?

私がワーホリを経験したカナダとオーストラリアでの、リアルな金額を公表します。

 

 

 

ワーホリは稼げる

ハッキリいいます。

少なくともカナダとオーストラリアでは生活費+α稼げます。

 

カナダでの私の生活は、朝の時間帯に週4回カフェで勤務し(有給休暇アリ)、夜は週に2〜3回ほどジャパレスで働いていました(賄いアリ)。週に2〜3日は全休がありました。

旅行にたくさん行き、好きなだけ外食して、基本的に値段を見ないでスーパーで買い物をして……今考えたら恐ろしい(笑)それくらい優雅な生活を送っていました!

しかも最終的に、日本円にして+10万円の残高!

平均して月に2200カナダドルほどの収入がありました。多いときだと2400カナダドルほど。手取りで!(税金はあとから返ってきた。)

週休2.5〜3日と考えると、この収入はかなり多いのでは……?

 

オーストラリアでの生活は、週に5日働いて(賄いアリ)、お休みの日はカフェに行ったり外食したり遠出したり。平日は自炊を心がけているものの、基本的にあんまり節約はしていません(笑)週5勤務とはいえ、半休の日もあるので、週休2.5日という感じ。

平均して月に2400豪ドルほどの収入があります。多い時だと2900豪ドルほど。

 

どちらの国でも、お休みもしっかり貰えて稼げるので、とてもありがたい……!

その上、リアルな英語を勉強させて貰いながらお給料がもらえるなんて、本当にありがとう!という気持ち!(笑)

どちらの国も日本の新卒やフリーターと比べれば、断然お給料が良いし!

 

また、旅行のためにバケーションを貰うのも日本に比べて簡単!!だって誰にも頭下げなくていいんだもん…(笑)

旅行に行きたいから、この日お休みください〜って言うと、「えー!いいね〜!どこ行くの?」って言われるし、お休みが近くなってくると、「わくわくしてる?もう準備はバッチリ?」って嬉しそうに聞かれる。

お客さんにも「彼女、今度どこどこに行くんだよ!いいよね〜」って紹介される(笑)

お土産文化もないから、気を遣わなくていいし!

お休みを貰うことに罪悪感を感じなくてはならない日本とは全く違うので、気持ちが超〜〜〜楽です!

 

 

 

より稼ぎたい人はオーストラリアがおすすめだけど…?

カナダでも生活+遊べる額は十分稼げましたが、やはりオーストラリアの方が時給が高いため貯蓄が出来ます。

オーストラリアの最低時給は約17豪ドルです。カナダは約11カナダドル。ちなみにレートは両者ほぼ同じです。1ドル約87円くらい。

オーストラリアの鉱山やファームでは、びっくりするほど稼げるという話もよく聞きます。

特に鉱山は時給40豪ドルとかって噂……!

 

しかし、注意しなければならないのが、オーストラリアは違法の飲食店やファームがめちゃくちゃ多いということ。

最低時給をきちんと守っている場所で働くのであれば、オーストラリアの方が稼げます!

(カナダでも、バンフなどのリゾートエリアの住み込み勤務だとかなり稼げるそうですよ!)

 

生活に困ることはない!

仕事と家さえ見つかってしまえば、カナダでもオーストラリアでも生活に困ることはないです。

周りには私よりもっと稼いでいる人がいっぱいいます!

安心してワーホリに出発してください!