ワーホリハンターなう

3ヵ国でのワーホリ生活と海外旅行についてのブログ。

地元民に愛されるビアパブ in アムステルダム

ハイネケンの国、オランダ。

他のヨーロッパ諸国の例に漏れず、オランダ人もビールが大好きです。 

 

そんなローカルオランダ人に囲まれて、アムステルダムでビールを楽しんできました。 

 

Cafe Gollem Raamsteeg

アムステルダムっ子に連れてってもらったビアパブ。

アムステルダム市内にいくつか店舗があるのです、私が行ったのはダム広場から少し歩いたところにあるお店。

 

観光客はまずいない、めっちゃローカルなお店。

夜は混んでいて座れないことも多いのだとか。

夕方におじゃましたところ空席があったため、窓側のカウンター席に座ることができました。

日が暮れるにつれ、お客様がぞろぞろとやってきて、退店時は満員でした。

 

このお店のすごいところは、いつ行っても約100種類ほどのビールが置いてあるということ。

タップは常時大体10種類くらい。 

f:id:whhunternow:20190520015020j:image

オランダビールを始め、ベルギービールを数多く扱っています。

とにかく種類が多いので、色々試したい人にはぴったり! 

 

私はタップを1種類、瓶を2本いただきました。


f:id:whhunternow:20190520015016j:image

しっかりとした酸味のあるランビックが大好きなので、これ、おいしかったなぁ。

 

日本にもこういうお店たくさんあるけど、1杯の値段が高いですよねー。

でも、さすがヨーロッパ、大体1本4〜5ユーロくらいで飲めます。

専用グラスがある場合は、専用グラスで出してくれます。(写真は違うけど)

 

cafegollem.nl

 

ローカルな雰囲気で飲みたい人に、とってもオススメのビアパブです。