ワーホリハンターなう

3ヵ国でのワーホリ生活と海外旅行についてのブログ。

オーストラリアのATMでクレジットカードが吸い込まれた話

ええと、しょうもない話をします。

3月にオーストラリアメルボルンに旅行に行ったときのことです。

 

ATMで現金を引き出そうとしたところ、

 

クレジットカードがATMに吸い込まれてしまいました・・・

 

 

 

久しぶりに再会したメルボルン在住の友人とのディナーの前。

私はいつものようにクレジットカードを使ってATMで現金を引き出そうとATMを操作していました。

 

クレジットカードを挿入し、暗証番号を入力。

引き出し額を入力し、現金が出てくるのを待っていたところ、ATMが動きを止めました。

そして画面に表示された「エラーが発生したので取引を中止します」の文字。

その後カードが出てくるのかと思いきや、出て来ず・・・

 

一瞬何が起こったのかわからなかった。

状況を理解するのに時間がかかった。

 

友人「Oh no! This machine ate your card!」

 

そうです、クレジットカードがATMに食べられてしまいました……

 

急いでATMに記載されていた「なんかあったらここに電話してね」番号に電話してみましたが、そもそもカード番号がわからないと対応してくれないみたいで……

自分のカード番号なんて覚えてないよおおお〜〜〜!!!(T_T)

 

ggったところによると、銀行併設のATMの場合、身分証明書を提示すれば営業時間内にカードを返却してくれるそう。

 

しかしその時は既に夕方で銀行は閉店しており、次の日は用事があって銀行に行けないし、帰国も間近という状況で。。。

もういいや〜と思い、日本のクレジットカード会社に電話してカードを止め、再発行を申し込みました(涙)

(帰国してすぐにカードを受け取ることができました◎)

 

一緒にいたOZの友人も、つい1ヶ月前、同じATMにカードを食べられてしまったとのこと。 

ちなみに使ったのはnabのATMです(笑)。

 

メルボルンに住んでたときは一回もこんなことなかったし、そもそも国内外含めてこんな経験をすること自体が初めて。

いやぁ、自分に落ち度は一切ないし仕方ないとはいえ、結構落ち込みました……トホホ。

 

旅にハプニングは付き物ですな。