ワーホリハンターなう

バンクーバーとメルボルンでのワーホリ生活や、海外旅行についてのブログ。

バンクーバーのオススメ語学学校CCEL

バンクーバーにはたくさんの語学学校があります。たくさんありすぎて、結局どこに行けばいいのかわからない!というのが現状。 私が色々と調べて、見学に行って決めた、実際に通ってとってもよかった学校を紹介します。ぜひ学校選びの参考にしてください!特にワーホリメーカーにはオススメの学校です!

 

 

Canadian College of English Language、通称CCELと呼ばれる語学学校です。

canada-english.com

立地が抜群に良い!Burrard Stationから徒歩3分!

また、CCELが所在しているAlberni Streetは、高級ブランドのブティックが立ち並ぶ非常に治安の良い、美しい通りです。プラダ、ティファニー、ヴェルサーチ、バーバリーなどなど、様々な高級ブティックを眺めながらの通学は気分が良い!(笑)初めて訪れたとき、こんな場所に語学学校があるの!?とビックリしたくらい!

  • 接客英語の選択クラスがある

ワーホリ勢にオススメな一番の理由はコレです!"English for Hospitality"という選択クラスがあり、接客英語、レジュメの作り方、レストラン等でアルコールを提供する場合に必須のServe it Rightについてなどを学べます!

また、学校に併設されたカフェでの実技演習も!コーヒーを作ったり、お客さんを案内したり、レジ打ちの練習をしてみたり……どれも働き始めてすぐに使えることばかり!このクラス、かなり実用的な英語を学べるので、ワーホリ勢じゃなくても勉強になること間違いなし。オススメです!

 

  • 日本語対応可!

エージェントを通していなくても大丈夫!日本語サイトもありますし、日本人スタッフが常勤しているため、安心して学校の申し込みが出来ます。入学後もスタッフの方々が丁寧にサポートして下さり、大変助かりました。

 

  • パソコン一台で全てが完了

これもCCELの大きな特色の一つ。紙のテキストを利用する学校は、レベルが上がったり、クラスが変わる度に新しいテキストを購入しないといけないため、その度にテキスト代がかかるし荷物も増えるしで、何かと大変!CCELはパソコン一台で全てが完了します!そのためCCELに通うにはノートパソコンは必須アイテムです。

授業はスクリーンに映し出された先生のパソコンのディスプレイを見ながら進められますし、テストも宿題も全てオンライン。正に、現代のテクノロジーを駆使した学校!という感じ。最初は慣れないかもしれませんが、慣れてしまえばこれ以上楽なことはありません!荷物も少なくて済むし、忘れ物の心配もなし!

 

  • 学生寮あり!
  • ホームステイも手配可能
  • 空港お迎えサービスも申し込める

CCELはバンクーバーでは数少ない学生寮のある語学学校の一つ!寮は学校から徒歩15分の場所に位置しています。ホームステイも手配可能、空港お迎えサービスも申し込めるので、バンクーバーに到着した直後のことも安心!

学生寮の生徒は学校のカフェで朝食を頂けます!コーヒーやジュース、紅茶などのドリンクと、マフィンやバナナブレッドなどの焼き菓子といったシンプルなものですが、これがアメリカンな味で私は大好きでした!特にレモンローフ(レモン風味の焼き菓子)がお気に入りだったな〜、、バナナブレッドもおいしかった!紅茶も色んな種類があって、毎朝違うものを試していました。懐かしい!(笑)

また、学生寮を3ヶ月以上利用するに人はランチも!

f:id:whhunternow:20180107201359j:image

日替わりで色んなメニューが提供されるので、毎日ランチが楽しみでした(笑)写真はとある金曜日のメニュー。金曜日はフライデーだからか(?)、フライドチキンとフレンチフライのことが多かったです。

 

  • 教材が秀逸!

私がCCELをとても気に入った理由の一つが教材です。授業で扱うトピックは主に社会問題。それらが各国でどのような存在であるか、各国の生徒から直接話を聞けるのはCCELならではの貴重な体験でした。その他にもスポーツやアートなど、様々なトピックがあって、楽しみながら学ぶことが出来ました!

 

 

オススメポイントはいくらでも出てきますが、今回は絞ってみました。皆様の学校選びの参考になれば幸いです!